少年隊コンサート祈願

プロフィール

りた

Author:りた

kazukiyo.N

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
2496位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歌手
227位
アクセスランキングを見る>>

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/09/19 (Tue) 蒲田行進曲をみる。

蒲田をもっとわかりたかった。

というわけで、映画版のDVDをレンタルしてきました。

おもしろかった。そして、今度は「銀ちゃんが逝く」も見たくなったので、ネットで小説を注文した。

確かに最初はニシキ目当てだった。もちろん、ニシキも観たいのに変わりはないのだけど。舞台としての「蒲田」もちゃんと見たい。少しでも理解したい。

「蒲田」の映画と舞台は全然違うって言ってたし、私もそう思うけど、少しでもわかりたい。ニシキが日本映画で一番好きな映画といい、一番影響を受けたという人物の舞台。雑誌などで色々見ていたら、つかさんてほんとにすごい人だな、と。そんな人の舞台を観に行くのにただ「ニシキ~」じゃ、なんか違うだろう。色々な人がいると思うが、私は「ニシキ~」だけじゃなく、もっとちゃんと舞台そのものを観たい、と思うようになった。「蒲田行進曲」を観たい、と思った。そうじゃないとなんかもったいないと思う。「ニシキ~」だけで行くと、絶対に置いてかれるから。わけわからないで終わっちゃうから。「かざポンが主役だ~」で終わるから。←まだこだわってるわけではない(笑)
私にとっての「蒲田」2回目はもうすぐ。舞台を観に行くのに、こんなに気合を入れていくのは初めてだよ。何回観に行こうが、1回1回を大事に観たい。観てほしい。きっとやってる方もそう思っていると思う。



スポンサーサイト

蒲田行進曲2006 | trackback(0) | comment(7) |


<<テレビで。 | TOP | 主役って?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

りたさんの「蒲田」への、思い入れがビンビンに伝わってきます。私は1回しか観に行かれないので、きっと「蒲田」の事、良く知りもしないで終わってしまいそうです。
前に観た時は、お友達の付き合い程度にしか、思ってませんでしたが、今回は一人で行くので、りたさんに負けない位、大事にじっくりと、観てこようと思います。

2006/09/19 12:56 | き☆みっきー [ 編集 ]


 

りたさん、すごいですね!私も見習わないと~!ニシキが大好きで、しかもニシキがきっかけで自分の世界が広がる、素敵な作品に出会えるって、本当に素晴らしいですi-178私は、今回が初めての蒲田で、ぜんぜん分からないことばかりi-183私もあと1回の観劇ですが、じっくり見てきたいと想いますi-199

2006/09/19 18:28 | みざり~ [ 編集 ]


 

りたさんすごいですね!
私も蒲田の再演決定後、前回のパンフ、台本等読み直しました。
でも見たらやっぱりニッキにしか目がいきません>< 舞台の内容よりニッキの姿の方が頭に焼きついてしまって・・・。
まだ最後まで時間がありますし、大阪公演もあるので私もいろんな視点から舞台を楽しめるようにしたいなぁと刺激を受けました。

2006/09/19 21:37 | ふう [ 編集 ]


 

私は1回目の講演を初めてみて、なんだかもやもやした状態が続いています。蒲田のことをニッキは「俺の本質」と新聞にコメントしていましたねv-390。蒲田のバックグラウンド、それに織り交ぜるつかさんのメッセージがあまりにも多くてある意味飽きない舞台ですね。私も、今のもやもやを確かめに2回目の観劇をしてこようと想っています。ニッキの言うように5回くらい見れたらホントはいいのかも知れませんが、ね。

2006/09/20 09:51 | hiro [ 編集 ]


 

v-254き☆みっきーさん
1回しか観に行かれないのなら、事前にネタバレ的なものを見ておいたほうがいいかもしれませんね。
なんとなくそんな気がします。


v-254みざり~さん
みざり~さん、あなたには負けます(笑)私も今までファンやってきたけど、ここまで深く考えた事ってなかったような気がします。ホントに、こうやって他の作品にも興味が行くって言うのは自分の世界が広がる感じがしますね。


v-254ふうさん
あくまでも私の考えといいますか、「私はこうしたい」って事なので・・・。人それぞれだと思うんですよね。ふうさんは、たくさん観に行かれるようですね?うらやましいです。是非「蒲田」を楽しんでくださいね。


v-254hiroさん
私もなんだかモヤモヤと言いますか・・・だから、もっとわかりたいって思ったんだと思うんです。何も知らずに行くよりはいいかなって。

2006/09/20 10:45 | りた [ 編集 ]


 

出遅れてしまいましたが、ココは「書きたい!」と想ってしまいまいしたので、お許し下さい(と言っても、語彙不足なので、たいした話ではありませんがe-330)。『少しでもわかりたい』って、ステキな想いですね。私は、1番とか順番は付けれないのですが映画「蒲田行進曲」は大好きな1本です。そのお話の主役を、倉岡銀四郎を「ニシキで舞台化」と聞いた日の嬉しさは、今も忘れられません。でも、マダ私は映画を引きずっていて、本当の”今”の「蒲田行進曲」を観れていないと、想いました。りたさんと少しニュアンスは違いますが、私も、ニシキの蒲田行進曲を分かりたいです。ちゃんと、観れたらイイなと想います(なんか、意味不明ですねe-330)。

2006/09/20 14:25 | ジュリアン [ 編集 ]


 

v-254ジュリアンさん
どーぞどーぞ。そんな遠慮は要りませんて。
ニュアンスは違うかもですが、行き着く先は一緒な感じがしますねv-218私はもともと映画の方を知らなかったので・・・映画を知ってた人が見たら、また違った印象なのかもしれませんね。あ、新聞の件、色々お調べいただきありがとうございました。すみませんですv-356

2006/09/21 07:39 | りた [ 編集 ]


trackback

trackback_url

| TOP |

自動御百度マシーン

少年隊のコンサートが実現しますように!!

少年隊のコンサートが実現しますように!!

記念写真

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。